グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



精密検査

食べるところを見るだけの評価では診断がつかない場合には、精密検査を行って診断する事もできます。


このページの目次


嚥下造影検査

造影剤入りの検査食を用いることで、レントゲン透視下で検査を行います。
嚥下の機能を評価するうえで、最も有効な検査です。

嚥下内視鏡検査

普段召し上がっているものを食べていただきながら、内視鏡を用いて嚥下の具合を検査します。より安全な食品、より安全な姿勢などを検討することができ、安全でおいしい食事の方法を提案します。