グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 病院からのお知らせ  > 画像情報のクラウド化を実施・稼動しました

画像情報のクラウド化を実施・稼動しました

 本院では平成27年3月から画像情報のクラウド版(データを自分のパソコンでは無く、安全なデータセンターに保存する仕組み)を稼働させました。
 このシステムは、院内で撮影された画像情報を暗号化し、国内の東と西の2拠点にあるデータセンターに保存するものです。必要な時にいつでも参照、共有、利用することができ、広域災害対策などによる患者情報紛失リスクを軽減するほか、院内でのサーバー機の購入が不要となり、保守契約切れに伴う買い替えの必要がなくなるなどの経済的効果も期待できます。
 今後は、現状の電子カルテシステムをSS-MIX「厚生労働省電子的診療情報交換推進事業」に対応できるよう準備を進めていく予定です。