グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 重要なお知らせ  > 患者さんへのお知らせ「医学教育および臨床研究等へのご協力のお願い(包括的同意)」について

患者さんへのお知らせ「医学教育および臨床研究等へのご協力のお願い(包括的同意)」について

当院では、患者さんの立場に立った高度で先進的な医療を提供することを目的に、診療に伴い発生する記録情報*1や残余検体*2等を使用した臨床研究を実施し、研究や学会等において報告しております。

◆ 記録情報 *1:日常受けられる診療の病歴やレントゲン・模型等の画像、検査値等

◆ 残余検体 *2:診断に必要な検査や手術終了後に残った血液や組織等

これらのデータについては、統計学的に処理された成果などが学術集会や科学専門誌で発表される場合でも、個人が特定されることはなく不利益を被ることはありません。また、使用された情報は、患者さんに関わる重要な情報ですので、取扱いには十分に留意しております。
これら、臨床研究に関する個人情報等の取り扱いについては、倫理指針等の各種研究指針によって個人情報は保護されています。診療に伴い発生する患者さんの医療情報等を研究・教育等に利用させていただくことに対して、ご同意(包括同意)をお願い致します。
尚、診療を行っている現時点では、どのような研究に記録情報や残余検体が使われるか決まっておりませんが、将来研究に使われることに「同意できない」「使わないで欲しい」というご意思がある場合には、「不同意書」にてあらかじめお申し出ください。同意されない場合であっても、診療に際して一切の不利益が生じることはありません。
不同意の意思表示をする「試料等の利用に関する【不同意書】は、病院1階正面玄関横の総合案内窓口に備えてあります。)
皆さまから不同意の申し出がない場合には、同意されていると私たちは考えて(包括同意と呼びます)、記録情報*1や残余検体*2を研究に使用させていただきます。

何かご不明の点がありましたら、ご遠慮なく担当医にお尋ねください。何卒、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

※注1:同じ文章が「当院について」→「個人情報保護方針」→「4.個人情報の利用」にも記載されております。

※注2:「試料等の利用に関する不同意書」の書式は、下記をクリックしてご覧になってください。