グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 施設紹介  > 診療協力部  > 歯科衛生士室

歯科衛生士室

歯科衛生士室には、現在52名の歯科衛生士が勤務しています。
各診療科・診療センター・多摩クリニックに分かれて業務を担っています。業務内容は各診療科の特色を生かし、歯科衛生士の三大業務である歯科保健指導、予防処置、診療補助をはじめとして、器具の消毒・滅菌、受付業務、医療機器や材料の管理、歯科衛生士実習生の教育など多岐にわたっています。

各診療科、診療センターにいる歯科衛生士が患者さんの口腔衛生指導などを行っています。

病院6階には、多目的診療室(歯科麻酔科の外来)とインプラント診療センターがあります。
多目的診療室では、全身麻酔、精神鎮静法や全身管理を併用して、外科処置や歯科治療を行います。さらに神経痛などのペインクリニックも行っており、専門的な知識と行動力が必要です。

インプラント診療センターでは、インプラント治療に必要な特殊な機材、材料の管理、手術の準備、アシスタント、歯の部分をつくる補綴処置の補助や定期的なメンテナンスとインプラントの一連の治療に専門的に関わっています。
6階歯科衛生士は、麻酔を併用して治療を行う患者さんの数が増加していること、インプラント治療も患者さんの需要が増加していることに伴い、忙しいなかでも、安全で質の高い医療を提供することを目ざして日々頑張っています。

口腔リハビリテーション担当歯科衛生士は、歯科医師の指示のもと口腔リハビリテーションを必要とする頭頸部悪性腫瘍の術後・脳梗塞後遺症・神経疾患・小児発達期の摂食嚥下障害を有する患者さんなどに対して、歯科医師が行う摂食嚥下評価や歯科衛生士が行う歯周組織検査の結果をもとに、患者さんそれぞれに応じた口腔衛生管理を担当しています。
在宅および施設への歯科医師の訪問診療に同行した際には、歯科診療時の歯科診療補助や患者さん本人やご家族、施設介護スタッフに対して、口腔清掃指導や使用清掃用具の選択と使用方法の指導を行い口腔衛生状態の改善に努めています。

認定取得人数

認定歯科衛生士人数
日本歯周病学会認定歯科衛生士2名
日本障害者歯科認定歯科衛生士5名
日本障害者歯科指導歯科衛生士2名
日本小児歯科学会認定歯科衛生士1名
日本口腔インプラント学会インプラント専門歯科衛生士3名
日本歯科審美学会認定歯科衛生士1名
日本医療機器学会第2種滅菌技士2名
コーディネーター人数
日本歯科審美学会ホワイトニングコーディネーター3名
日本歯科人間ドック学会歯科人間ドックコーディネーター5名