グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 施設紹介  > 診療協力部  > 栄養管理室  > NST(栄養サポートチーム)

NST(栄養サポートチーム)

NSTとは?

Nutrition Support Teamの頭文字をとった略称です。日本では栄養サポートチームといいます。
栄養管理が個別に必要な患者さんへ医師(医科・歯科)看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士・歯科衛生士などの専門スタッフが密な連携を持ち、それぞれが知識や技術を出し合い、最良の方法で栄養支援をする医療チームです。

NSTの設立目的

入院早期から栄養アセスメントにより栄養状態を把握して、栄養管理が必要な患者さんに適切な栄養投与(経口 ・ 経腸 ・ 静脈栄養)法を検討し、栄養状態の改善をすることです。

当院NSTの特徴

多職種が集まるNST会議の様子

当院は歯科大学の附属病院ということもあって、口の中の病気を持つ方が入院され、手術を受けることになります。これらの患者さんは、入院する前から、噛むことや飲み込むことが難しくなっている場合が多く、食べられないことですでに栄養状態が悪い方がいます。もし、そのまま手術をおこなうと、手術後の回復が悪くなる恐れすら出てきます。
そこで、当院では、手術前から栄養状態をチェックし、栄養回復のお手伝いをおこない、患者さんが万全の体制で手術に臨めるように支援しています。さらに、手術後も長い間、口から食べることが困難になる場合があり、精度の高い栄養管理が必要となります。当院には食べる機能のリハビリテーションをおこなっている専門スタッフもおり、しっかり口から食べることを目指しながら、栄養療法にも力を入れています。