グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > 個人情報保護方針

個人情報保護方針

個人情報保護について

適切な医療をお受けいただくために、患者さんに関する情報(以下、個人情報とします)は必要不可欠なものです。
当院では安心して個人情報を提供いただけるよう、個人情報の保護方針を定め履行します。

平成25年4月1日
日本歯科大学附属病院 院長
三代 冬彦

日本歯科大学附属病院 個人情報保護方針

1.個人情報に関する責任の明確化

個人情報保護に関する管理者・作業責任者・運用責任者を設置し、責任を明確化します。

2.個人情報の適切な取得

適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。ご本人の意思に反しての取得は行いません。取得の目的を明示した上で、必要な範囲の個人情報を取得させていただきます。

3.個人情報の管理

取得した個人情報は安全管理区域で、特定の作業者が入力・廃棄をおこないます。内容について定期的に確認し、常に情報が最新であるように務めます。また、個人データの安全管理が図られるよう、従事者に対する必要かつ適切な監督をおこないます。

4.個人情報の利用

原則として、ご本人の診療・健康管理の目的以外には使用しません。
ただし、以下の場合は例外的に目的を限定し、患者さんから得た診療情報を利用させていただく事もございます。

  • 医療の質を向上させるための学術研究
  • 医療事故防止など安全確保のための研究開発
  • 医療従事者の教育

なお、上記利用に関してお申し出いただければ、診療情報を利用させていただくことはありません。その場合も、従来と変わらず適切な医療をご提供させていただくことに変わりありません。

【医学教育および臨床研究等へのご協力のお願い〔包括的同意について〕】
当院では、患者さんの立場に立った高度で先進的な医療を提供することを目的に、診療に伴い発生する記録情報*1や残余検体*2等を使用した臨床研究を実施し、研究や学会等において報告しております。

◆ 記録情報 *1:日常受けられる診療の病歴やレントゲン・模型等の画像、検査値等

◆ 残余検体 *2:診断に必要な検査や手術終了後に残った血液や組織等

これらのデータについては、統計学的に処理された成果などが学術集会や科学専門誌で発表される場合でも、個人が特定されることはなく不利益を被ることはありません。また、使用された情報は、患者さんに関わる重要な情報ですので、取扱いには十分に留意しております。
これら、臨床研究に関する個人情報等の取り扱いについては、倫理指針等の各種研究指針によって個人情報は保護されています。診療に伴い発生する患者さんの医療情報等を研究・教育等に利用させていただくことに対して、ご同意(包括同意)をお願い致します。
尚、診療を行っている現時点では、どのような研究に記録情報や残余検体が使われるか決まっておりませんが、将来研究に使われることに「同意できない」「使わないで欲しい」というご意思がある場合には、「不同意書」にてあらかじめお申し出ください。同意されない場合であっても、診療に際して一切の不利益が生じることはありません。
不同意の意思表示をする「試料等の利用に関する【不同意書】」は、病院1階正面玄関横の総合案内窓口に備えてあります。)
皆さまから不同意の申し出がない場合には、同意されていると私たちは考えて(包括同意と呼びます)、記録情報*1や残余検体*2を研究に使用させていただきます。

何かご不明の点がありましたら、ご遠慮なく担当医にお尋ねください。何卒、ご理解とご協力のほど、よろしくお願い致します。

5.個人情報の第三者提供

個人情報を、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。
ただし、ご本人のかかりつけ医(紹介医)と当院の担当医との間で、取得の際ご説明した利用目的の範囲内において診療情報を共有する場合があります。
入れ歯等の技工物の外注、臨床検査等で外部に患者さんの個人情報を提供する場合は内部規定に従い、十分な保護水準にある事業者を選定しています。

6.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について

患者さんの個人情報について、ご本人もしくは代理人が開示・訂正・利用停止・消去等を求められた場合速やかに対応いたします。
ただし、以下の場合はご希望に添えない場合があります。

  • 開示をご希望される保有個人データの特定ができない場合
  • 開示請求者の本人確認ができない場合
  • 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合
  • 病院業務に著しい支障を及ぼす恐れがある場合
  • 他の法令に違反することとなる場合

手続き、費用については個人情報相談窓口にお問い合わせください。

7.安全管理措置のプログラム

安全管理措置を体系的におこなうためのプログラムを策定し、実行します。加えて常にプログラムの評価と改善をおこないます。また全従事者に対して研修をおこない、個人情報の保護、適切な管理方法について周知徹底します。

8.個人情報の安全管理に関しての事故、違反への対処

事故や安全管理ついての違反行為が発生した場合に速やかに対処できるよう体制を整え、原因の特定、被害拡大の防止、再発防止策の立案に務めます。

9.個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩を防止する対策

個人情報を管理するコンピュータへの不正アクセス対策、ウィルス対策等の情報セキュリティ対策を講じます。

診療録(カルテ)等の開示

当院では、診療録等の開示請求に対して次のように対応いたします。患者さんのプライバシーを守るために手続きを厳格にしております関係上、開示まで時間がかかることもありますのでご理解をお願いいたします。

尚、コピーの請求も開示請求と同じ手続きが必要で、開示費用の他に実費をお支払いいただきます。

開示手順

  1. 個人情報開示請求書の記入者本人からの請求が原則です。本人を証明する運転免許証などをお持ちください。
  2. 請求者へ開示の可否についての通知書の郵送。
  3. 開示(職員の立ち会い)コピーの請求があった場合は開示費用の他に実費をお支払いいただきます。

以上、詳しくは病院事務部総務課にお問い合わせください。