グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > 病院長あいさつ

病院長あいさつ

病院長 三代 冬彦

日本歯科大学附属病院
病院長 三代 冬彦

本院は歯科を中心に内科・外科を併設する歯科大学附属病院として、患者の皆さんの健康回復・維持・向上に努めています。日々進歩している医学・医療に遅れることなく良質な医療を提供するために、それぞれの診療科や診療センターが核となり最先端医療にも取り組んでいます。特に診療センターは社会そして時代の要求に応じて設けられており、現在必要な高度な歯科治療の提供と、将来必要となるであろう歯科治療にも備えています。また、二次・三次歯科医療への対応として入院設備や診断治療機器などの充実にも心を配っています。

医育機関として本院は、本学に学ぶ歯科医学生や研修歯科医、経験の浅い歯科医師や本院で特殊な歯科技術を学ぶ歯科医師、本学や他の歯科医療専門学校で学ぶ歯科衛生士・歯科技工士を目指す学生、言語聴覚士を目指す学生などを受け入れて、教育にあたっています。もちろん医療者は全て等しく新知識・新技術の獲得を生涯に渡って行ってゆく義務がありますので、本院所属の全ての教職員は資質向上のための努力を惜しまずに行っています。そのための病院内教育環境の充実にも力を入れています。

より良い医療への研鐙と惜しみない教育への取組みの結果、本院は歯科大学附属病院として初めて日本医療機能評価機構の認定を受領しています。これは、私たちが常日頃から患者の皆さんへ良質な医療を提供していたこと、そして今後とも提供し続けてゆくことの評価であると自負しています。また本院の使命は、時代の流れに乗るのではなく、時代の波を作り出す医療を推進することと、時代に合致した歯科医療人づくりではなく、時代を牽引する歯科医療者を育てることであり、この歩みは止まることなく次世代に引き継がれてゆくと確信しています。

今後とも日本歯科大学附属病院に多くのご理解とご支援をいただければ幸いです。